「ChatGTP」

1.[ChaGPT」とは

[ChaGPT」とは、OpenAIという企業が開発した自然言語処理に特化したAIの一種です。GPTとは”Generative Pre-trained Transformer”の略で、大量のテキストデータを学習し、人間の会話と同じように文章を生成することができます。

[chatgpt]へアクセスし、
メールアドレスと電話番号を登録するだけで簡単に登録できます。

人間との対話を自然な形で行うことができるように設計されています。質問をすると、チャットGPTは過去のテキストデータから学習した知識を元に、最も適切な回答を生成することができます。

チャットGPTは、様々な分野で利用可能です。例カスタマーサポートやオンライン教育、自動翻訳など、人間との対話が必要な場面で活用されています。また、チャットボットやバーチャルアシスタントの開発にも利用されており、最近ではインターネット上の多くのサイトやアプリで活用されています。

簡単に言えば、チャットGPTは、人工知能を使って人間との自然な対話を実現するための技術です。その応用範囲は広く、今後ますます発展が期待されています。

日本語も使うことができます。特別な設定をする必要はなく基本的には日本語で質問すると日本語で返事が来ます。日本語で問いかけても英語で返事をされてしまう場合は、質問のあとに「日本語で返信して」と指示するなど、工夫をして日本語による返答がもらいやすくなるようにします。

2.チャットGPTで出来ること

・お問合せの回答(カスタマーサービス/サポートセンター業務)
・情報検索
・情報の要約
・レポートの作成
・ブログ記事の執筆
・文章の添削
・メールの作成
・翻訳
・歌詞やポエムの作成
・作曲
・プログラミング
・バグの発見
・料理の献立の作成
・ディベート など

3.ChatGPTにおける影響と懸念

一つの娯楽として対話を楽しむだけならいいものの、プログラミング言語や論文までもが簡単に書けてしまうことから以下のような懸念点が浮上しています。

(1) 簡単にサイバー攻撃を行えるようにならないか
(2) フェイクニュースの大量生産
(3) 不正に論文をChatGPTに書かせる
(4) 仕事を失う人が出てくるのではないか

知りたいことを問いかけると数秒で回答を提示してくれるチャットボット「ChatGPT」。人間らしい文章が書けることと、回答の精度が高いことから悪用されてしまうことが大きな懸念点として挙げられていますが、英語でのメールを書いてもらうなどちょっとしたタスクを楽にしてくれることは大いに考えられます。ただし現時点では正確とは言い切れない情報が提供されることもあるので、ほかの情報と照らし合わせながらその正確性を確かめる必要があります。

参考記事

ChatGPTとは?使い方や仕組み、注意点を紹介!

【初心者】ChatGPTとは?始め方と使い方を解説!